リストラの相談もハローワークへ

リストラとは英語のリストラクチャリング(Restructuring)の略で、本来の意味は再(Re)構築(structuring)であります。


日本語の文脈の中で使われるカタカナ語としての「リストラ」は、企業の経営に関わる行動としての意味合いのみを持つのに対し、英語における用法にそのような限定は存在せず、たとえば「労働市場をリストラし、完全雇用を実現しよう」といった使われ方もしています。

そもそもは事業規模や従業員数の増減を問わず、単に「組織の再構築」が行われることに対して使われる言葉であるが、実際の「リストラ」は、現状の事業規模や従業員数を維持、もしくは増強した上での組織(企業)再構築ではなく、組織再構築のために不採算事業や部署の縮小(ダウンサイジング)を行い、またそれに伴う従業員解雇(特に整理解雇)が行われる事が多かったようであります。

このため、日本を含めた多くの国では、組織再構築の実施による不採算事業や部署の縮小に伴う「従業員削減」のみを意味すると言うように、本来の意味からかけ離れて解釈されるケースが多いです。

また、日本においては、1990年代初頭バブル崩壊以降、デフレ経済の進行に伴ってリストラを行う事例が官民を問わず急速に増加したが、当初は意図的に日本語を英語で言い換えることで経営側の心理的後ろめたさを軽減することを目的にしていました。

しかし現在ではこの様な解釈が一般的になったため、大手企業や外資系企業を中心にあえてこの言葉の使用を避け、「組織(事業)再構築」や「組織の建て直し」など、改めて日本語で表現する事も多いようです。

本来のリストラ
本来、リストラは企業が事業規模(収入)にあわせて組織を再編成(出費の抑制)する意味であります。

「リストラ」を安易に「人員削減」「―整理」「クビ切りの容認」と解釈して、その他の十分な手を打たないまま安易な人員削減に走るのではなく、必要な手立てをとったかどうかの入念なチェックが求められます。

本来の意味の事業再構築を合理的に進めないままに安易に整理解雇に走るのは、企業側および労働者側の双方にとって、そして法律上も、百害あって一利なしであり、経営者の責任が問われます。


実例としては、

経理・管理

固定費用削減 - 帳簿上の全ての固定費用の見直し

不要なリース契約の見直し

業務効率化(例:間接部門統合・経理自動化・アウトソーシング・

ERP:企業資源計画、SCM:サプライチェーン・マネジメント、KMナレッジマネジメントなど)

共有化 - (例:書類のコピーを各自1つ持つのではなく、共有棚に書類のコピーを数部保管・共有する。また、イントラネット化)
ショッピングモール併設により、テナント収入・不動産収入増を狙う(例:丸ビル)

購買

社用品の見直し - (例:社員用に会社のマーク入り物品を支給する合理性はなく、相応の物品を支給する。さらに100円ショップ、リサイクルショップの活用。)

大量発注・大量納品 - 保管コストがかからず、割安になる場合

少量発注・少量納品 - 小額品に保管コストをかけない場合。最近は受

注の翌日に納品することをうたう納品会社も多い

人事・労務

総労働時間抑制(例:週30時間労働)

ワークシェア(例:午前勤務1名と午後勤務1名を組み合わせ、1名分の仕事で2名分の雇用を創出する)

一時帰休

新規雇用の抑制

通信・ICT

電話代 - (例:IP電話化)

光ファイバ等によるテレビ会議等を活用し交通費および労働時間内に占める移動時間の削減。

営業
不動産費用圧縮 - (例:日本IBMでは営業社員には専用机(スペース)を持たせない。デルコンピュータの一部社員はLANで結ばれた状態で自宅勤務している。)

また、外回り時にPHS等の無線アクセスの活用。

CRM:顧客関係管理

アウトソーシング(外部委託)
短期プロジェクトの場合、プロジェクト終了後に社内失業者を抱えないために外部要因の活用が検討されうる。

不要なアウトソーシングの抑制 - アウトソーシングには情報流出・技術流出のリスクが常にある。





タグ:リストラ
posted by ランクル at 19:43 | Comment(1) | TrackBack(1) | ハローワーク

失業率

失業率の定義

失業率は一国の地域によっても大きく異なる 色が黒に近いほど失業率が高い(ドイツ、1997年)失業を測る尺度である失業率は、労働力人口に対する失業者数の割合で定義されいます。

失業者とは「働く意思と能力があるのに仕事に就けない状態にある人」を指すので、仕事探しをあきらめた人は失業者には含まれない。

なお、仕事探しをあきらめた人は就業意欲喪失者 (discouraged worker) と呼ぶます。

(ちなみに、労働力調査では、働く意志があるとは、ハローワークに通って職探しをするなど仕事を探す努力や事業開始の準備をしていること、とされている。仕事に就けない状態には仕事をしなくても職場から給与などを受け取っている場合を含まず、こうした場合は休業者として扱われます。)


景気等との関係

失業率は景気と相関があると言われているが、動きが一致するとは限らないです。

伝統的な日本的経営のもとでは、企業は従業員の雇用を守ることを企業の社会的使命の一つと考えており、人員整理、特に解雇をなるべく忌避し、ぎりぎりまで状況を見極めようとするからであります。

その反面、採用についても、大企業になるほど、慎重で計画性や人員構成のバランスを重んじ、不要不急の採用は避ける傾向にあります。(一方で、近年非正規雇用の採用は柔軟に行っており、雇用関係指標を見る際にはその点も考慮に入れる必要がある)

また、労働者側も、不況が長期化すると就業意欲喪失者が増加するが(不況で求人が少なくなり「どうせ就職できない」とあきらめる人が増える)、このため失業者数が減り、失業率を押し下げる要因になり、表面上は景気が回復したかに見えます。

逆に、景気回復局面では(景気が良くなって求人が増えるだろう、と)新規に仕事探しを始める人が現れるので、かえって就労を希望する「失業者」が増えて、失業率を押し上げることになります。

以上のようなことから、失業率は景気に対して遅行指標となっており、失業率のみならず他の景気指標を併せてみる必要があります。

他には、失業率と犯罪発生件数は相関があり、失業率が下がると犯罪発生件数が下がると2006年版犯罪白書で報告されています。

非正規雇用
以前の正規雇用に比べて雇用、解雇を行いやすいアルバイトや労働者派遣といった非正規雇用労働者の増加を初めとする、労働形態の細分化および複雑化が進行している昨今の状況においては、失業率の利用に十分な注意を要します。

日本の失業者数・失業率

以下は総務省が公表している労働力調査の失業率の推移であります。

完全失業者数及び完全失業率の推移(総務省統計局) 年 完全失業者数(万人) 完全失業率(%)
男女計 女 男 男女計 女 男
1990 134 57 77 2.1 2.2 2.0
1991 136 59 78 2.1 2.2 2.0
1992 142 60 82 2.2 2.2 2.1
1993 166 71 95 2.5 2.6 2.4
1994 192 80 112 2.9 3.0 2.8
1995 210 87 123 3.2 3.2 3.1
1996 225 91 134 3.4 3.3 3.4
1997 230 95 135 3.4 3.4 3.4
1998 279 111 168 4.1 4.0 4.2
1999 317 123 194 4.7 4.5 4.8
2000 320 123 196 4.7 4.5 4.9
2001 340 131 209 5.0 4.7 5.2
2002 359 140 219 5.4 5.1 5.5
2003 350 135 215 5.3 4.9 5.5
2004 313 121 192 4.7 4.4 4.9
2005 294 116 178 4.4 4.2 4.6


各国の失業率

各国の失業率及び概況を示す。

アメリカ合衆国
1970年代、高失業率に苦しんだアメリカだが、その後のIT革命などにより失業率は改善しました。

FRBの金利判断の指標の一つとなるなど、世界でもっとも注目を集めている失業率。
2003 2004
6.0 5.5

資料:OECD

ドイツ
1980年代までの旧西ドイツは失業率が高くなかったが、1989年のベルリンの壁崩壊以降、旧東ドイツの高失業を抱え込んだため、失業率は高止まりをしている。
2003 2004
9.1 9.0

資料:OECD

フランス
高失業率に苦しんでおり、労働政策が政局にも影響を与えています。

また、職を奪っているとして移民への風当たりも強いです。

2003 2004
9.8 10.0

資料:OECD

カナダ
2003 2004
7.6 7.2
タグ:失業率
posted by ランクル at 17:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハローワーク

失業したらまずはハローワークへ

失業(しつぎょう)とは、仕事を失うことおよび働く意思も能力もあるのに仕事に就けない状態を指します。

また、そのように仕事が無い状態を無職(むしょく)ともいいます。

失業の要因別分類に関して

失業を発生要因別に次のように分類できます。

構造的失業: 産業構造の変化に伴い、企業側の求める人材と求職者とが合致しない状況での失業。

循環的失業: 景気の変動に伴って生じる失業で、需要不足失業とも呼ばれる。

摩擦的失業: 労働力が地域間や産業間で移動した時に発生する失業。一時的な失業とされている。

季節的失業: 季節的要因により発生する失業。 
さらに、次のような失業も考えることができる。

潜在的失業: 企業が解雇に踏み切らないまま不要な労働者を抱えている状態。

自発的失業: より良い労働条件を求めて自分の意思で失業すること。

非自発的失業: 会社都合による解雇など自ら望まない形で失業すること。

非自発的失業の存在を認めるかどうかについては、経済学者の中で意見が分かれています。

古典派経済学では、摩擦的失業以外の原因による非自発的失業は存在しないとすることが多いです。

失業者は現在雇用されている労働者よりも低い賃金を提示して職を見つけることが可能とするからであります。

賃金の下落によって失業者が解消されないのは、その賃金以下では働かないという労働者の選択によるものであることが多いです。

これに対してケインジアンは需要不足による非自発的失業の発生を問題とし、政府の経済政策によって失業問題を解決することを目指します。

多くの場合、名目賃金は下落し難い下方硬直性があると考えて、非自発的失業者が存在する状態でも賃金が低下して労働需要が増加し失業者が雇用されることによって労働市場が均衡しないとしています。

名目賃金の下方硬直性を説明する理由としては、相対賃金仮説、効率賃金仮説、インサイダー・アウトサイダー仮説など様々な理由が考えられています。

posted by ランクル at 17:49 | Comment(3) | TrackBack(1) | ハローワーク

転職問題点はローワークで相談できます

転職に関する問題点

以下に、転職における問題点は、

※ 特に断りのない限り、この節で使用している数値データは厚生労働省の転職者総合実態調査(H.10)、総務省の労働力調査特別調査(H.13)によるものです

需給のミスマッチ

求職数に見合う数の求人数があるにも拘らず、条件があわないため雇用が創出されないことを需給のミスマッチ(雇用のミスマッチとも)といいます。

産業構造の転換が進んでいる際によく見られます。

バブル崩壊後の不況期は、有効求人倍率(求人数/求職者数)が恒常的に1を下回っていました(労働市場における供給超過)。

ただし、IT化によって必要とされる各種技術者については、求人数が求職者数を上回る需要超過の状態が続いていました。

一方、一般事務職などは、有効求人倍率が持ち直しても求職者数が求人数を上回る供給超過状態が続いています。

ミスマッチを防ぐためには、適切な職業教育や、初心者を雇用することになる企業への補助などが必要と言われています。


機密保持と競業避止
公務員は、退職前5年間に勤務していた内容に関係する民間企業に、退職後2年間は就職できません。

民間企業でも就業規則などで、退職後一定期間(6ヶ月〜1年が一般的)、競業会社へ就職することを禁止していることが多いです。

これら競業避止義務は、機密保持の観点から必要とされるが、経験を生かした転職を難しくしている側面もあります。

競業避止は職業選択の自由を制限するものなので、要件・範囲が明確にされている必要があり、不適切な規定は取消されます。

ただし、新製品情報などの機密情報は、競業避止規定の有無に関わらず守る義務があります。


早期離職者の増加
転職市場が活発になりつつあるとはいえ、雇用者と労働者の間には情報の非対称性が存在します。

そのため、転職後に「こんなはずではなかった」という感想を抱く者は多いです。

転職に満足している者の割合は60%程度、逆に不満を感じている者は10%程度となっています。

これらの層は、転職を繰り返す可能性が高いと考えられます。

転職者のうち、3回以上転職している者は全体の4割程度にのぼっています。


年金など社会保険
転職者は企業年金や退職金などで、連続勤務したものに比べ不利な扱いを受けることが多いです。

確定拠出年金(日本版401k)の法整備などにより、状況は幾分改善されつつあります。


キャリアの断絶
前職での経験が生かされていると答えた者の割合は5割強、活用されていないとする者は25%程度になっており、知識・経験が必ずしも蓄積・活用されていると言えないです。

ただし、専門・技術職や管理職では、7〜8割程度が何かしら経験が生かされていると答えています。

機密保持との兼ね合いで経験を生かせる職につけないこともあるが、25歳程度までの若年層を対象とする第2新卒採用(採用者は新卒扱い)に示されるように、企業側が中途半端な知識・経験を求めていないという点も指摘されています。


転職回数が多いほど不利になる?

問題点とは言い切れないが、一般的に「転職は3回まで」と言われています。

リクナビNEXTが企業の人事担当とキャリアアドバイザーに対して行ったアンケートでも、「転職歴は3回目から気になる」という回答が全体の36%と最も多くなっています。

また企業の人事担当に対して行った別のアンケートでは、「転職活動が多いとマイナスの印象を受ける」という回答が91%にも達しています。

転職回数が多いと不利になる理由としては、「転職を繰り返している」という事実が、「この求職者は飽きっぽいだけで、仕事が続かないのでは」という危惧につながりやすい事が挙げられます。

しかし、転職がキャリアアップを目的としたものであったなど、キャリアに前向きさが見られる場合は不利にならないケースもあります。


米国
転職は珍しいことではなく、労働力の流動性は高いです。

ヘッドハンティングは普通に行われており、人材紹介サービスも発達しています。

ただし、労働力の流動性は、加齢によって低下することが指摘されています。

一定の年齢以上になると、安定した職に落ち着くといわれます。
posted by ランクル at 17:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハローワーク

転職には情報サイトとハローワーク見比べも必要

日本の転職情報(求人情報)サイト

インターネットの普及に伴い、転職情報サイトを用いた転職が主流になりつつあります。

当然ながら転職情報サイトは転職情報会社が宣伝目的・利益目的で設けているものなので、転職に過剰な期待や幻想を抱かないように注意する必要はあります。

最初の本格的な転職サイトとしては、リクルート社が1996年に立ち上げた「Digital B-ing」が挙げられました。

同サービスはその後「リクルートナビキャリア」、「リクナビNEXT」とサービス名を変更して継続しています。

2006年時点で、売上や掲載企業数が多い転職サイトとしては、「リクナビNEXT」「en社会人の転職情報」(2000)「毎日キャリアナビ」(1999)などがあります。

これらのサイトの運営会社は、元々紙媒体の職業情報を扱っていたり、情報誌の営業を行っていたりした企業が大半であります。

転職サイトによっては、ポータルサイトに広告料を払って転職情報を掲載しているところがあります。

利用者の立場から見ると、ポータルサイトにアクセスすることで、ワンストップで各転職情報会社の情報を確認できることになります。

サイト運営者は、企業から広告費を貰って求人情報を掲載するため、転職希望者は無料で利用できるのが一般的です(※)。

求人情報は、求人企業自ら作成するのが基本です(ただし後述「独自取材」参照)。

ただし、不適切な表現や勤務条件がないかといった点は、サイト運営者によってチェックされ、労働基準法など諸法規に違反する求人は掲載を拒否されます。

しかし、大規模なサイトになると求人企業のチェックが行き届かず、法規違反の求人が掲載されることもあるので、掲載されている求人情報だけでなく、自分の目で見て判断することが大事であります。

なお、法令違反の求人情報を発見した場合、運営者に連絡をすれば、掲載停止などの処置を行ってもらえます。

多くの転職サイトに共通する機能としては

職種や業種毎に分類した求人情報を勤務地域や給与など種々の条件で検索できること

Web上で応募が可能であること

自分の個人情報を登録しておくことができ、ログインすることで再利用可能であること

などが挙げられます。

転職サイト間での競争が激しくなってきたため、各社とも独自のサービスを提供して特色を出そうとしています。

人材派遣や人材紹介でもウェブサイトを利用して案件の確認や登録ができるサービスが増えています。

これらのサービスについては、各記事を参照してください。

スカウトサービス

登録された職歴などの個人情報を匿名で企業に公開することによって、興味をもった企業からダイレクトメールを受け取ることができるサービスです。

独自取材

第三者視点を重視し、サイト運営会社が取材によって求人情報を作成します。

求人企業のお手盛り記事だけでなく、記者の目で見た仕事のつらさや職場の雰囲気なども掲載されるため客観性が高いです。

最近では、ブロードバンド化に伴い、社内の様子などのビデオ配信も行われるようになっています。

適性診断

R-CAPやコンピテンシーモデルなどによる分析で、個人の特性にあう仕事を紹介します。

各種読み物
転職に役立つ情報を編集記事として作成し、掲載します。

求人情報検索エンジン搭載の求人情報

企業のウェブサイト中の求人情報ページを自動巡回ロボットによって収集し、掲載するモデルもあります。

ロボット型とディレクトリー型の検索エンジンの情報量の比較と同様で広告型から情報型への求人サイトの転換を実施している会社もあります。  

posted by ランクル at 17:13 | Comment(0) | TrackBack(1) | ハローワーク

転職のためにもハローワークの活用を

転職(てんしょく)とは、現在ついている職を辞して異なる職につくことをいいます。

自発的に転職する場合と、使用者の都合により転職する場合とがあります。

転職の現状としては、
雇用形態は、明治時代は引き抜き等により職人の転職が活発であったが、大正時代頃から終身雇用が一般的となっていました。

その後、バブル崩壊以降は、労働者全体に占める割合は少ないものの、転職は増加傾向にあります。

総務省「労働力調査年報」よりしかし、転職をキャリアアップのチャンスととらえるアメリカに比べれば、日本の労働移動率は依然として低く、雇用が流動化してきていると言われているものの、長期雇用の伝統が残るヨーロッパ諸国のそれに近いです。

転職希望率及び実際の転職率については、職種毎に大きな差異があります。

例えば、システムの企画・開発や運用・保守に携わるITプロフェッショナルに限れば、転職希望者は2人に1人という非常に高い水準にあります。

その理由の第一は「給与に対する不満」(48%弱)だ。また、3人に1人が「より将来性のある組織で働きたい」と答えていなす。

中途採用者の給与水準につては、

平均的な水準としては、継続して勤続していた正社員の約7割となります。

産業別にみると、2003年のデータでは、卸売・小売業や、金融・保険業では約8割となる一方で、運輸・通信業や電気・ガス・水道業では約6割となっています。

転職による賃金の変化については、若年層の転職ほど転職後の給与が高くなりやすく、加齢に従って水準が伸び悩む傾向があります。

また、過去と比較すると、1995年においては転職後は給与が高くなる者の割合が多かったが、その後減少していき、2005年においては、転職後は給与が低くなる者の方が多くなっています。


日本における転職の方法としては

転職先を探す手段として、いくつかを以下に示す。

知人の紹介・勧誘
引き抜き(スカウト)
自分で探す
転職情報専門の雑誌
転職情報サイト
企業のホームページ等で公開されている求人情報
ハローワークなど職業
人材紹介サービスの利用
自営業では、求人情報を公にしていない企業も多く、知人の紹介・勧誘による転職が比較的多いです。

また、スピンアウト時も同様な理由で、紹介・勧誘という手段が使用されます。

高度に専門的なスキルを持っている人材に対しては、引き抜きが行われることがあります。

引き抜き対象の調査や調整負担が大きいため、専門の企業が仲介することも多いです。

また、その人物を辞めさせたい企業が裏で(場合によって表でも)転職専門企業と連絡を取って引き抜きを演じることにより、トラブルなく気持ちよく辞めてもらおうという戦術も取られています。

転職情報サイトが提供するスカウトサービスとは基本的に別物であります。

人材紹介サービスでは、転職希望者にヒアリングを行い、自社が保有する求人情報のうち適当なものを提案します。

求人情報には、非公開のものも含まれることがあります。

「インテリジェンス」「リクルートエージェント」「転職×天職」「パソナキャレント」「アイ・アム」などが有名です。
タグ:転職
posted by ランクル at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハローワーク

ハローワークへアクセス

ハローワークには時間があります。

その点ハローワークのインターネットはいつでも見ることが出来ます。



まずは、ハローワーク開庁時間・業務に関して説明します。

ハローワークの開庁時間は、原則8時30分から17時15分まで、土曜、日曜、祝日、年末年始は業務を行っていないが、原則として人口20万人以上の都市に立地するハローワークは平日8時30分から19時まで、土曜日は10時から17時まで業務を行っています(ただし、パートバンクなどの施設を除く)。

ただし、平日17時15分以降の時間帯や土曜日は職業紹介事務のみの取り扱いであり、雇用保険事務の取り扱いは行っていないので注意を要です。

職業紹介・相談業務については、自己の住所(居住地)を管轄するハローワークでなくとも利用する事が可能であります。

ただし、雇用保険業務、求人申込み、職業訓練の斡旋、各種助成金については、自己の住所(居住地)・事業所の所在地を管轄するハローワークで申請する必要があります。

なお、人事権が独立している現場の場合、求人の受理(学卒求人除く)は適用事業所所在地でなく、現場管轄でも可能な場合があります。



まずは、
ハローワークへアクセス
posted by ランクル at 22:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハローワーク

ハローワーク 求人サービスの詳細の例

求人サービスの詳細の例
ハローワークの扱う求人は、正社員求人、パート求人(フルタイムパート、学生長期アルバイトを含む)、臨時雇用求人(一日2,3時間程度から8時間労働、学生短期アルバイトを含む)まで全ての雇用形態を網羅している。全ての求人に番号を下記のように設けていいます。

求人番号
○○○○○−●●●●●●●●

最初の『○』の5桁が求人を受理した安定所の通し番号であり、『−』以降の『●』の番号が求人個別識別番号である。(『●』の番号の最後の下二桁は、古いもので『41』、新しいもので『51』となっています。

2007年から『71』となる。)この求人番号を見る事により、大体の就業場所を推測する事が出来ます。

ただし例外として、その事業所の規模や本店(本社)所在地の事情で、東北地方の安定所で受理した求人内容が、中部地方での勤務を指定する場合もあります。

あるいは、東京に本店(本社)のある非常に大きな企業が、その企業の大量の全国の求人を、東京の本店所在地の所轄安定所(代表例・飯田橋:千代田区や中央区、文京区といった、日本を代表する超大手企業を含む多数の企業の本社が集中する地域を管轄しています。

他には新宿や池袋、品川あたり)に一括提出する事もありえます。


求人者の詳細については、

ハローワークの求人票には様々な情報が集約されている。左上の事業所名を見るだけでその求人を出しているのが会社組織なのか、それ以外なのかが歴然と示されています。

会社名のところに屋号と個人名が書かれている場合(例として『■木工業 ■木☆雄』)、その求人は個人事業(自営業)の事業所から出されている事が判ります。

事業所所在地は基本的に営業の中心となる場所が主に記載され、中小企業の場合は登記上の本店所在地が多く、設立したばかりの事業所で、きちんとした事務所を未だ持たない事業所の場合は代表者の居住住所が記載される事が多いです。

国内に支店や工場などを多数持つような、非常に大きな企業の場合、地方の支店や工場などの所在地が事業所所在地として記載される事があります。
(このような大手企業の場合、前述の本社一括採用とは別に支店や工場採用の制度がある)

求人票中央上の欄は就業場所、実際に働いたり、出勤する場所が記載されます。

この記載方法にも理由があり、仮に派遣労働者や請負労働者を募集する求人の場合、事業所欄は派遣元の企業(事業所)とその所在地が記載され、就業場所に派遣先の事業所と所在地が記載される事となります。

ハローワークに提出される求人は、雇用形態が多種にわたる事は前述の通りであるが、職種、業種も様々であり、殆どを網羅しているといえます(ただし、夜の商売のうち一部職種(いわゆる性風俗関係)は無い)。

代表的な建設業から、小売、卸等の販売から農林漁業、サービス業、運輸業まで多彩で、場合によっては警察官や刑務官などの公務員求人、僧侶(見習い)や神社の巫女の募集、確定申告の時期になると、税務署が短期学生アルバイトを事務補助の求人として提出する事もあります。
posted by ランクル at 23:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハローワーク

ハローワーク雇用保険説明会

雇用保険説明会(こようほけんせつめいかい)とは、雇用保険(失業給付)を受給する際、ハローワークに求職申込(離職票提出)を行ってから第1回目の失業認定日までの期間に受講するものとされています。

通常は、求職申込日以降2〜3週間後に設定されています。

65歳以上の年齢で離職し、失業の状態にある者(「高年齢求職者給付金」の対象となる者)および季節労働に従事することを常態とする者が失業の状態にある者「短期雇用特例受給資格者」、日雇い労働に従事する者である「日雇労働被保険者」については雇用保険説明会への出席は要求されないです。

雇用保険の受給資格がある者であることを証明する書類である「雇用保険受給資格者証」やその他必要書類の交付を受けた後、雇用保険制度について説明したビデオ(35分程度)が上映され、ハローワーク職員(通常、係長、課長級の者が担当する)者が窓口への出頭時間、ハローワークの利用方法についての説明を行うものとされます。

雇用保険制度や受給手続についての説明と再就職あっせんという意味でのハローワークの利用方法の説明の2部構成となっており、特に後者を「初回講習」と呼んで区別することがあります。

雇用保険制度についての説明と「初回講習」を別々の日に設定し、その両方に来所することを指示するハローワークも存在します。

雇用保険法上、雇用保険説明会を受けなければ失業給付を受けることはできないと定められている訳ではありません。

「初回講習」は雇用保険の認定要件である「求職活動」の一種とされています。
posted by ランクル at 23:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハローワーク

ハローワークの求人者をインターネットで検索してみてはどうですか

今までは、求人者を確認するにはまずは、ハローワークへ行き、パソコンインターネットで見る作業から始まります。

混んでいる場合は、パソコンが空くまで待たなければなりません。

そんなときは、ハローワークに行かず、自分の家でパソコンでインターネット検索を行い、目星をつけてからハローワークへ行くと時間が短縮されます。

ハローワークで待っている時間は無駄ですよね。

今は、求人者がわかれば、インターネットで調べることが出来ます。

情報を先取りして、自分にあった適正な適職を見つけることが長く仕事を続けることが出来るコツかもしれませんね。

適職を見つけるためにがんばりましょう。

ハローワークの求人者の詳細についていいますと、ハローワークの求人票には様々な情報が集約されています。

左上の事業所名を見るだけでその求人を出しているのが会社組織なのか、それ以外なのかが歴然と示されています」。

会社名のところに屋号と個人名が書かれている場合(例として『■木工業 ■木☆雄』)、その求人は個人事業(自営業)の事業所から出されている事が判ります。

事業所所在地は基本的に営業の中心となる場所が主に記載され、中小企業の場合は登記上の本店所在地が多く、設立したばかりの事業所で、きちんとした事務所を未だ持たない事業所の場合は代表者の居住住所が記載される事が多いです。

国内に支店や工場などを多数持つような、非常に大きな企業の場合、地方の支店や工場などの所在地が事業所所在地として記載される事があります。

(このような大手企業の場合、前述の本社一括採用とは別に支店や工場採用の制度があります)

求人票中央上の欄は就業場所、実際に働いたり、出勤する場所が記載されています。

この記載方法にも理由があり、仮に派遣労働者や請負労働者を募集する求人の場合、事業所欄は派遣元の企業(事業所)とその所在地が記載され、就業場所に派遣先の事業所と所在地が記載される事となります。

ハローワークに提出される求人は、雇用形態が多種にわたる事は前述の通りであるが、職種、業種も様々であり、殆どを網羅しているといえる(ただし、夜の商売のうち一部職種(いわゆる性風俗関係)は無いです)。

代表的な建設業から、小売、卸等の販売から農林漁業、サービス業、運輸業まで多彩で、場合によっては警察官や刑務官などの公務員求人、僧侶(見習い)や神社の巫女の募集、確定申告の時期になると、税務署が短期学生アルバイトを事務補助の求人として提出する事もあるみたいです。
posted by ランクル at 22:21 | Comment(1) | TrackBack(3) | ハローワーク

ハローワークは職業訓練の斡旋、雇用保険事務も取り扱っています。

ハローワークでは雇用保険事務も取り扱っています。

雇用保険の受給を行うにあたっては雇用保険法の規定によりハローワークへの求職申し込みが義務付けられ、受給中の期間においてはハローワークが行うところの職業指導を受けるものとされています。

「職業指導」と言っても、特定の求人への応募を強制されたり、ハローワークが行う職業セミナーに出席する事を義務づけれれる事はないですが、自己の希望する労働条件を申告する事が求められ、職業相談を受ける事を勧奨されたり職業セミナーの案内文書が郵送される事があります。

雇用保険は、労働能力を有する者に対して行われる給付であります。

労働能力を有するものが、積極的に職業に就こうとする事なくだらだらと雇用保険金を受給し続ける事は社会的に好ましい姿とは言えません。

そのような意味から、積極的に雇用保険金(基本手当)を受けてもらうという意味での「受給者サービス向上」が取り沙汰される事はありません。

むしろ、「雇用保険金(基本手当)を受けさせる事なく雇用保険受給者の早期再就職をいかに図るか」がハローワークに課された行政目標とされています。

ただ、現実問題として、退職すれば無条件に雇用保険金がもらえると誤解している来所者が少なからず存在します。

また、ハローワークでは職業訓練の斡旋も行っています(「公共職業訓練」と言う)。

ハローワークが専門学校、都道府県立の職業訓練校、障害者職業能力開発センター(地域によって名称は異なる)などに職業訓練の実施を委託し、先述の訓練施設において一定の職業能力を身につけてもらった上で就職を促進しようとするものであります。

受講料は無料(国が負担)、ただし、教科書代などの実費は受講生が負担すべきものとされます。

雇用保険受給中の者(離職時において65歳以上の者や、「特例」受給資格者を除く)がハローワークの「受講指示」を受けて職業訓練を受講する場合、受給日数の延長や交通費(通所手当)、日当(受講手当)の支給がなされます。

職業訓練の期間は、職種などによって異なるが、数日から最高2年であります。

職業訓練は、あくまで職業に就くための訓練であるがゆえ、重度の障害などの理由により、おおよそいかなる職業にも就き得ない者に対しては職業訓練の受講斡旋は行われません。

したがって、職業訓練を受けるための要件として、「介助者の手を借りることなく身の回りのことを行うことができ、かつ、自力通学が可能な者。」という要件をクリアしている事が必要であります。
(障害者訓練についてこういった事がしばしば問題となります)。

posted by ランクル at 21:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハローワーク

ハローワークも会社側にも問題点あります。

ハローワークへ何回か行きました。

人を探しにハローワークへ行きました。

何か、求人している会社にもいろいろと問題があるような気がします。

担当者によってもいろいろ返事が違うのも感じました。

どちらが正しいかはまだわかりませんが、やはり仕事をを探している人を大事にするハローワークであってほしいですね。

ハローワークの存在意義というのは、日本国憲法に定める勤労の義務や権利(具体的に全国一律)の平等という要請を具体化したものであります。

そのため、ハローワークは会社法人や個人事業主等から求人を申し込まれ、提出を受けると、その仕事が法律に違反する内容やハローワークの求人票の書式に沿っていないという特別な事情が無い限り、受理しなければならないのであります。

そのため、法人事業所などの社会保険強制適用事業所が健康保険や厚生年金保険に加入していないという違法状態にある事業所であり、その求人の条件(時間等)が社会保険に加入する事が求められているのに加入していない場合でも、受理をして、求人票左中央の加入保険の欄の『健康』『厚生』の文字のところに二重線『=』をひいて公開しなければならないという矛盾も抱えています。

又、今後、厚生年金保険加入が義務づけられている事業所が厚生年金保険に加入していない場合、社会保険事務所と協力してその事業所の求人の公開を取り消すという方法も採られます。

補足として、雇用(失業)保険はハローワークの管轄であるため、雇用保険未加入の事業所が求人をハローワークで出す場合、一つの求人につき一回目は受理はするが、2,3ヵ月後の求人の更新は雇用保険未加入の場合、更新出来ないことになっています。

でも、求職に来ている人はわからないのが事実ですから、いざ仕事が決まり、内容が違うためにやめなくてはならない人も出てきます。

やはり、早く改善する必要があると思います。
posted by ランクル at 21:40 | Comment(0) | TrackBack(1) | ハローワーク

ハローワークも自宅でインターネット検索出来ます

今は、インターネットの発達でハローワークの情報がすぐに手に入る次代です。

操作も簡単、パソコンでインターネット検索が少し出来れば情報は取ることが簡単です。

また、内容も今までとはかなり進歩しています。

ネットワーク対応が進歩したということですね。

2004年度のハローワークのコンピュータシステムの一新により、求人票の情報も改善を見ました。

旧システムの求人票では、雇用形態の欄が『常用』、『パート』、『臨時』の三種類しかなく、『常用』と記載する求人であっても、正社員とは限らず、契約社員の場合も多々見受けられたため、多様化する雇用形態や雇用情勢に十分に対応出来ない状態でした
(事実、旧システムにおいては、雇用予定期間が4ヶ月以内はフルタイムの勤務、パートタイムの勤務に関わらず全て『臨時』と表記し、4ヶ月を超えるものでもフルタイム勤務の場合『常用』、パートタイム勤務の場合『パート』と表記していたため、雇用形態の識別が難しかったじょうたいです)。

新システムによりその問題も解決された他、ハローワークのネットワーク端末の画面で新たに求人票が表示されるようになり、わざわざ旧システムのように、詳細を知るためにプリントアウトする必要が無くなり、環境にも優しくなっています。

あまり一般的に周知がされていない事であるが、日本全国どこのハローワークにおいても、オンラインで他のハローワークで受理した求人・求職情報を閲覧する事が可能であります(「総合的雇用情報システム」と言う)。

例えば、沖縄のハローワークで東京や北海道のハローワークで受理した求人・求職情報をオンラインで検索・閲覧するといった事も可能であります。

ハローワークが受理した求人情報のうち、求人事業所が公開を承諾したものについては、インターネットで求人情報を検索する事も可能になりました。

ハローワークインターネットサービス http://www.hellowork.go.jp/
高等学校新卒者を対象とした求人情報についても全国ネットワークが組まれており、日本全国の高校の進路指導部において日本全国の高校新卒者を対象とした求人情報を閲覧する事が可能であります。

高卒就職情報WEB提供サービス https://job.koukou.gakusei.go.jp/
雇用保険についても全国ネットワークが組まれており、日本全国どこのハローワークにおいても雇用保険加入記録・受給記録をオンラインで参照する事が可能である(「雇用保険トータルシステム」という。
NTTデータがシステムの管理運営を請け負っています)。

先述の「総合的雇用情報システム」と「雇用保険トータルシステム」はお互いに内部でリンクされており、職業紹介業務と雇用保険業務は一体のものとしての運用がなされています。


posted by ランクル at 21:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハローワーク

ハローワークてどんなところ

公共職業安定所(こうきょうしょくぎょうあんていじょ)、略称「職安」(しょくあん)、愛称「ハローワーク」は、国(厚生労働省)によって設置された、職業安定法に基づく国民に安定した雇用機会を確保する事を目的とした施設であります。

今は、求人誌含め、いろいろな求人情報があります。

どこがいいとは、言えませんが私の経験上、どこの求人情報でもハローワークと併用することをお勧めします。

ハローワークは、求職者には就職についての相談・指導、適性や希望にあった職場への職業紹介、雇用保険の受給手続きを、雇用主には雇用に関する国の助成金・補助金の申請窓口業務や、求人の受理などのサービスを提供すしています。

公共職業安定所は、取締、規制を行う施設ではなく、いわゆるところの「サービス行政」を行う施設とされています。

なお、高等学校や中学校は、所轄の公共職業安定所に届け出ることにより公共職業安定所の業務を分担する(または、無料職業紹介事業を行う)ことができるものとされています(職業安定法第27条、33条2項)。

ただし、高等学校等が扱う求人は公共職業安定所が受理したものしか取り扱う事が出来ず、かつ、職業紹介事業を行うに際して公共職業安定所に対し協力・報告等をおこなわなければならないものとされています。

中学校については、公共職業安定所が直接、求人の受理、職業相談、職業紹介を行い(すなわち、中学校が求人を受理し、又は、紹介状を発行する事はない)、中学校は公共職業安定所が行う職業紹介業務に協力すべきものとされています。

大学等の高等教育機関については、所轄の公共職業安定所に届け出ることにより無料職業紹介事業を行うことができるものとされています(職業安定法第33条2項)。

職業安定法により、民間・国を問わず、求職者から手数料を徴収する事は禁じられています。

さらに国によって設置された施設である事もあるため、法律の要請から求人も無料で行っています。

従来は、「職安」あるいは「安定所」という略称が広く使われていたが、1990年頃からは、一般公募で選定された「ハローワーク」という呼称が主に用いられるようになっています。

ただ、中高年以上の人の多くは、従来の略称を使う事が多いようです。



posted by ランクル at 17:34 | Comment(0) | TrackBack(1) | ハローワーク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。