懲戒解雇

懲戒解雇(ちょうかいかいこ)とは、事業主が労働者の責めに帰す理由で解雇することを指します。

重責解雇とも言われます。

例えば、長期の無断欠勤、会社の金品の横領、職務・会計上での不正、重大な過失による業務の妨害、重大な犯罪行為などを理由に解雇する場合のことであります。

ちなみに、公務員の世界では、これに相当する懲戒処分は、『懲戒免職』(ちょうかいめんしょく)と呼ばれています。

懲戒解雇に服することについては、労働者が懲戒解雇に関する定めにあらかじめ合意しているものでなければならない。

懲戒解雇の場合、通常、退職金は支給されません。

また、労働基準法で定められる30日前の解雇予告や解雇予告手当の支給はされず、即時解雇となります。

即時解雇については、労働基準監督署長の認定が必要とされます。

また、今後の再就職も通常の解雇と比べて非常に困難となります。


タグ:懲戒解雇
posted by ランクル at 21:27 | Comment(0) | TrackBack(2) | 解雇
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ミクシィで飲酒運転告白、「冗談」でも解雇
Excerpt: ---------- ---------- 楽天ニュースから。 ミクシィの日記で
Weblog: ニュース解(怪?快?)説
Tracked: 2007-07-03 23:42

不公平
Excerpt: 東京海上日動・日本興亜など損保会社10社に対し、一部業務停止や業務改善命令の処分
Weblog: 行政書士小笠原事務所の業務日誌
Tracked: 2007-07-04 08:29
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。