雇用保険 給付される金額(基本手当日額)について

給付される金額(基本手当日額)について

失業したと認定された1日あたりに支給される金額を、「基本手当日額」といいます。

例えば、認定日において20日失業したと認定されれば、「基本手当日額」に20日を乗じた基本手当が支給されるのであります。

基本手当日額は、原則、離職日直前6ヶ月間の賃金(税引前)の総和を180で除した金額の45%〜80%の金額であります。

なお、上限および下限が規定されています。

基本手当日額は、離職した理由や給付を受ける者の住所地において区別はされません。

「賃金」には、いわゆる「ボーナス」や「退職金」は含めないです。

基本手当日額は、毎年8月1日付で見直し(改定)されます。

基本手当日額は、離職時の年齢により上限が異なっている(下限は年齢により異なることはない)。

60歳以上〜65歳未満で離職した者と、それ以外の年齢で離職した者とでは算定式が一部異なっています。

基本手当日額の下限(最低額)は1664円である。上限(最高額)は、離職時の年齢が30歳未満の者については6395円、30歳以上45歳未満の者については7100円、45歳以上60歳未満の者については7810円、60歳以上65歳未満の者については6808円、65歳以上の者については6395円である(2006年8月1日現在)。

「就業促進手当」の支給金額の算定にあたっては、別途の上限額が定められています。

受給期間延長について

雇用保険金を受給することができる期間を「受給期間」といいます。

受給期間は離職日の翌日から1年間であります。

したがって、離職してから1年以上経過した日に失業していた日があった場合、給付日数が残っていたとしても受給することはできないです。

ただし、以下の理由により引き続き30日以上職業に就くことができない場合においては、申請により前述の「受給期間」に職業に就くことができない期間を加算することができます。

これを「受給期間の延長」という。

求職者本人の疾病・負傷(労災保険や健康保険から傷病による休業給付(休業補償・傷病手当金)をもらっている場合も含む

妊娠・出産・育児(子供が3才になるまで、または保育先が見つかるまで)

常時受給者本人の介護を必要とする民法上の親族を看護する場合・小学校入学前の子供の看護に専念する場合

正当かつ公的な理由のある海外渡航

事業所の命による配偶者の海外勤務に同行(配偶者が事業主の命によらず海外で就職する場合は含まない)

青年海外協力隊(国際協力機構=JICA)など公的機関が行う海外技術指

導ボランティアに参加(派遣前に行われる日本国内での訓練初日より受給期間を延長できる)

公的機関が募集するボランティア活動(天災の被災地を支援するものなどが該当する)に参加する場合

職業に就くことができない期間として猶予が認められるのは、最大3年間であります。

したがって、本来の「受給期間(1年)」+「職業に就くことができない期間(3年)」の合計4年間の間に受給できなかった給付日数は失効することとなります。

「受給期間の延長」が認められるのは、「職業に就くことができない」期間についてのみであります。

例えば、病気を理由に受給期間の延長が認められた場合、病気が治癒し就職が可能な状態に回復するまでの期間しか受給期間の延長は認められないのであります。

傷病を理由としない休養、留学、進学、官憲による身柄の拘束(自由刑の執行など)といった理由では受給期間の延長は認められません。

ただし、60歳以上64歳以下の年齢で定年退職した者については、単に休養したいという理由だけで最長1年間の受給期間の延長が認められます。

離職時において65歳以上である者(高年齢求職者給付金の対象となる者)については、受給期間の延長は認められません。

例えば、65歳以上で離職し1年以上入院した者に対する雇用保険上の救済措置はありません。


タグ:雇用保険
posted by ランクル at 21:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雇用保険
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。