転職問題点はローワークで相談できます

転職に関する問題点

以下に、転職における問題点は、

※ 特に断りのない限り、この節で使用している数値データは厚生労働省の転職者総合実態調査(H.10)、総務省の労働力調査特別調査(H.13)によるものです

需給のミスマッチ

求職数に見合う数の求人数があるにも拘らず、条件があわないため雇用が創出されないことを需給のミスマッチ(雇用のミスマッチとも)といいます。

産業構造の転換が進んでいる際によく見られます。

バブル崩壊後の不況期は、有効求人倍率(求人数/求職者数)が恒常的に1を下回っていました(労働市場における供給超過)。

ただし、IT化によって必要とされる各種技術者については、求人数が求職者数を上回る需要超過の状態が続いていました。

一方、一般事務職などは、有効求人倍率が持ち直しても求職者数が求人数を上回る供給超過状態が続いています。

ミスマッチを防ぐためには、適切な職業教育や、初心者を雇用することになる企業への補助などが必要と言われています。


機密保持と競業避止
公務員は、退職前5年間に勤務していた内容に関係する民間企業に、退職後2年間は就職できません。

民間企業でも就業規則などで、退職後一定期間(6ヶ月〜1年が一般的)、競業会社へ就職することを禁止していることが多いです。

これら競業避止義務は、機密保持の観点から必要とされるが、経験を生かした転職を難しくしている側面もあります。

競業避止は職業選択の自由を制限するものなので、要件・範囲が明確にされている必要があり、不適切な規定は取消されます。

ただし、新製品情報などの機密情報は、競業避止規定の有無に関わらず守る義務があります。


早期離職者の増加
転職市場が活発になりつつあるとはいえ、雇用者と労働者の間には情報の非対称性が存在します。

そのため、転職後に「こんなはずではなかった」という感想を抱く者は多いです。

転職に満足している者の割合は60%程度、逆に不満を感じている者は10%程度となっています。

これらの層は、転職を繰り返す可能性が高いと考えられます。

転職者のうち、3回以上転職している者は全体の4割程度にのぼっています。


年金など社会保険
転職者は企業年金や退職金などで、連続勤務したものに比べ不利な扱いを受けることが多いです。

確定拠出年金(日本版401k)の法整備などにより、状況は幾分改善されつつあります。


キャリアの断絶
前職での経験が生かされていると答えた者の割合は5割強、活用されていないとする者は25%程度になっており、知識・経験が必ずしも蓄積・活用されていると言えないです。

ただし、専門・技術職や管理職では、7〜8割程度が何かしら経験が生かされていると答えています。

機密保持との兼ね合いで経験を生かせる職につけないこともあるが、25歳程度までの若年層を対象とする第2新卒採用(採用者は新卒扱い)に示されるように、企業側が中途半端な知識・経験を求めていないという点も指摘されています。


転職回数が多いほど不利になる?

問題点とは言い切れないが、一般的に「転職は3回まで」と言われています。

リクナビNEXTが企業の人事担当とキャリアアドバイザーに対して行ったアンケートでも、「転職歴は3回目から気になる」という回答が全体の36%と最も多くなっています。

また企業の人事担当に対して行った別のアンケートでは、「転職活動が多いとマイナスの印象を受ける」という回答が91%にも達しています。

転職回数が多いと不利になる理由としては、「転職を繰り返している」という事実が、「この求職者は飽きっぽいだけで、仕事が続かないのでは」という危惧につながりやすい事が挙げられます。

しかし、転職がキャリアアップを目的としたものであったなど、キャリアに前向きさが見られる場合は不利にならないケースもあります。


米国
転職は珍しいことではなく、労働力の流動性は高いです。

ヘッドハンティングは普通に行われており、人材紹介サービスも発達しています。

ただし、労働力の流動性は、加齢によって低下することが指摘されています。

一定の年齢以上になると、安定した職に落ち着くといわれます。


posted by ランクル at 17:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハローワーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。