フリーターの語源

フリーターとは、日本で正社員以外の就労形態(アルバイトやパートタイマーなど)で生計を立てている人を指す言葉です。

フリーアルバイターとも言われています。

フリーターの語源は、
1987年に「フロムエー」(リクルート社のアルバイト情報誌)の編集長、道下裕史が生み出した言葉です。

現在では、広辞苑にも記載されるほどに一般化しています。

1980年代後半のバブル経済の時期に、ミュージシャンや俳優になるという夢を持ちながら、日々の生活はアルバイトでつなぐという若者に対し、プータローと蔑視するのではなく、人生を真剣に考える若者として応援したいという意味からフリーターという言葉が生まれました。

語源は、英語のフリー free (時間の自由なという意味、あるいはフリーランスの略)

ドイツ語で労働を意味し、日本語では非正規雇用を意味するアルバイト Arbeit
「〜する人」という意味の英語-er(ドイツ語でも同様に-erだが、1.でドイツ語のフライ frei でなく英語のフリーを使ったことを考えると英語と取るのが自然)
の3つをつなげた和製英独語の造語(「フリーランス・アルバイター」の略称)である。

造語であるため、入国審査の際に職業欄にフリーターと書いても通じないです。

英語圏では「パーマネント・パートタイマー(permanent part timer)」と呼ぶ事が多いです。





タグ:フリーター
posted by ランクル at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | フリーター
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。