ハローワークも会社側にも問題点あります。

ハローワークへ何回か行きました。

人を探しにハローワークへ行きました。

何か、求人している会社にもいろいろと問題があるような気がします。

担当者によってもいろいろ返事が違うのも感じました。

どちらが正しいかはまだわかりませんが、やはり仕事をを探している人を大事にするハローワークであってほしいですね。

ハローワークの存在意義というのは、日本国憲法に定める勤労の義務や権利(具体的に全国一律)の平等という要請を具体化したものであります。

そのため、ハローワークは会社法人や個人事業主等から求人を申し込まれ、提出を受けると、その仕事が法律に違反する内容やハローワークの求人票の書式に沿っていないという特別な事情が無い限り、受理しなければならないのであります。

そのため、法人事業所などの社会保険強制適用事業所が健康保険や厚生年金保険に加入していないという違法状態にある事業所であり、その求人の条件(時間等)が社会保険に加入する事が求められているのに加入していない場合でも、受理をして、求人票左中央の加入保険の欄の『健康』『厚生』の文字のところに二重線『=』をひいて公開しなければならないという矛盾も抱えています。

又、今後、厚生年金保険加入が義務づけられている事業所が厚生年金保険に加入していない場合、社会保険事務所と協力してその事業所の求人の公開を取り消すという方法も採られます。

補足として、雇用(失業)保険はハローワークの管轄であるため、雇用保険未加入の事業所が求人をハローワークで出す場合、一つの求人につき一回目は受理はするが、2,3ヵ月後の求人の更新は雇用保険未加入の場合、更新出来ないことになっています。

でも、求職に来ている人はわからないのが事実ですから、いざ仕事が決まり、内容が違うためにやめなくてはならない人も出てきます。

やはり、早く改善する必要があると思います。


posted by ランクル at 21:40 | Comment(0) | TrackBack(1) | ハローワーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

会社が失業保険(雇用保険)にはいっていなかったら
Excerpt: 失業保険(雇用保険)は、労働者を雇っているすべての事業所が加入しなければなりません。加入しなくても良いのは、労働者5人未満の農林水産業者だけです。たとえ個人商店であっても、加入していなければ法律違反と..
Weblog: おいしい失業保険のもらい方
Tracked: 2007-07-02 10:23
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。